イオンモール -サイゴンの若者を引き付ける、新しいエンターテイメントである。

カテゴリ: 生活豆知識 2015/01/14

1月より、サイゴンの人々、特に若い人たちはホーチミン市のタンフー区にオープンしたばかり、新しいエンターテインメントについて話している。発展されている新しい住宅地にかなりさびれた地域ことではなく、交通渋滞が頻繁、ホーチミン市の中心から12キロもあるので、この場所へ来るためには時間が掛かる。しかし、この場所はインターネットでも実際ライフでも人気がある。それは最近若い人たちがよく噂するというイオンモールである。

町の中心から遠いのに、毎日午後5時ごろここは人が多くになる。同じとき、市内の商業はショッピングする人があまり多くない。特に若い人たちはここに多く集まっている。授業が終わって、家へ帰らないで、イオンモールへ遊びに行く。

イオンモールの周りに散歩して、若い人たちになぜ遠いところからここに来た理由を調査した後、ほとんどは「この商業モールはデザインが細かくて、いろいろな華麗な建築を飾られている。喫茶店やレストランは完全に同じではないし、モールで単調なブースとしてではないし、外に別々なショップを投資するように飾らせている。」と言った。また、モールの食べ物は豊富だけではなく、値段が非常に安いということを言われる。だから、このあたりの人々でも他の地域の人々でもイオンモールへ食べたり、遊んだり、訪ねに来る。初めてモールに入って、食品が売り切れだった、あるいは人が多いので空いた席がないものだから4つのレストランに断れると、若い人たちは非常に驚いた。

このイオンモールは日本人によって投資されて、管理されているので、全体のスタッフはかなり良いのサービスを持ってる。管理者からセキュリティメンまで、日本のスタイルに従え、ゆっくりして、働く。

タンタムさん(19歳)により「ATMはどこか分からないとき、セキュリティの人に聞きに行った。その時人が多いので、彼は大まかに説明したと思うと私にATM置き場に連れて行ってくれた。離れる前、彼はちゃんとおじぎをした。驚いた。」と言った。